フェイシャルエステの特徴

最近では自宅でもサロンのフェイシャルエステと同じようなケアができる商品が販売されているため、高価なサロンに通うよりもホームケアを選択する人も増えています。エステで使用されているクリームやオイルなどを購入することができたり、家電メーカーが美容家電として高性能なマッサージャーやスチーマーなどを開発しているので、やりようによってはサロンと同じ施術を自分で行うこともできます。ではホームケアではできないサロンならではの特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

サロンの一番の強みは経験や技術です。セラピストはもちろん、たくさんの人の肌を見たり実際に施術をした経験を持っています。そのためその人の肌質について正しく理解し、必要な施術を正しい方法で行うことが可能です。また肌の状態を測定できる機器を導入しているサロンもあるので、その場合は更に正確なデータを取ることができます。施術前後での肌の変化もわかるのでより効果が実感できます。

ホームケアのみでは、自分の現在の肌質や必要な施術を正確に把握することは難しくなります。市販のマッサージャーやスチーマーなどは正しく使えば効果が出るように作られていますが、利用者に合わせた細かな調整はできません。普段のスキンケアとしては十分かもしれませんが、サロンでのフェイシャルエステの代わりというのは難しいでしょう。