フェイシャルエステの種類

フェイシャルエステには目的に合わせた様々な施術が存在します。にきびなどの肌トラブルがある人の場合、洗顔やクレンジングなどを中心に肌の状態を健康にするための施術が行われます。角質を剥がすピーリングや肌に栄養を補給するためのクリームやパックなどを利用することもあります。

シミやシワなど加齢による悩みを解決する場合、パックやマッサージなどはもちろん特別な機器を使うこともあります。不足しがちな肌にとって重要な栄養素を効率良く浸透させるために行われるイオン導入などがあります。リフトアップのためのマッサージはどこのサロンでも行われている代表的な施術です。サロンによってはさらに効果が上がるクリームやオイルなどを使用するなどの工夫をしています。

クリニックではサロンではできない医療用レーザーを利用することができます。シミやあざ、ほくろなどを除去することができ、安全性や効果も確立されているものがほとんどです。内服薬を処方してもらうことも可能なので、特に深刻な悩みがある人の場合はサロンよりクリニックの方が合っていることもあります。通常は複数の施術を組み合わせることが多いので、施術の種類が多いクリニックやサロンを選んだ方が幅広い悩みに対応できます。